Information

お知らせ

コロナ禍で住まいのカタチが変わる

2022.04.11

家族を守るコロナ禍の新ライフスタイルの間取り

住まいの間取りは、通常室内空間をどう区分するか、生活動線をどうするかを考えて設計します。例えば、生活・コミュニケーションエリア、ワーキングエリア、プライベートエリアなどで考えていきます。これからのコロナ禍の住まいを考える上で、ウィルスを持ち込む可能性のあるエリアと、そうでないエリアを区分し、非常時は接触を避けられるように人の動線も考慮した設計をすることが大切です。

住まいの入口から感染予防を心がける

家族が集まる空間にウイルスをできるだけ持ち込まない対策として、帰宅後すぐに手洗い・うがいができて、生活スペースのもちこまない習慣をつけるようにします。エントランス内に洗面台とコートハンガーを設置した設計(クローゼット)は、帰ったらすぐに手洗い・うがい、上着をコートハンガーにかけられ、リビングや各部屋に入る前にウイルスや花粉をシャットアウトできます。また、玄関から洗面所に入る扉を、開放しやすくドアノブ等への接触も避けられる「引き戸」にする等、ドアや建具の選択にも工夫が可能になってきました。

バスルーム直結の勝手口は、帰宅後も安心安全

お子様の部活動や外で思いっきり遊んだ後など、汚れた状態で家の中無造作に入るなんてこともありますよね。そんな時は玄関からではなく、勝手口からバスルームに直行できる動線があれば、清潔にリビングや寝室へと入ることができます。勝手口は洗面室に直結しているので、汚れた服は洗濯機へそのままお風呂へ入れる設計です。玄関やリビング・ダイニングも通らないので、生活空間を汚れや菌から防ぐことができます。

大容量パントリーで、1回の買い物の量が増えてもらくらくストック

ひとの接触を避けるためスーパーに行く機会をなるべく減らそうとすると、一回の買い物の量が増えてしまい荷物が重くなるので、おうちの中まで運ぶのが今までよりも大変になります。 そんな時、玄関から直結した大容量のパントリーがあれば、買い物から帰ったら最短距離で運べるので負担が軽減。買い物による感染リスクも軽減できます。

屋内で干せて除菌効果、ランドリードライコーナー

洗濯物の外干しは、ウイルス・花粉などが付着することがあるので、室内のランドリードライコーナーで干してしまえば、即問題解決。また天気を気にせず干せるのも嬉しい。日当たりの良い南側にランドリードライコーナーを設ければ、洗濯機を併設して洗濯が終わったらすぐに干せる、家事負担が格段に軽減できます。

独立型テレワークスペースで、快適な仕事環境を整える

在宅テレワークがあたりまえになってきている現在、家でも長時間快適で合理的な仕事ができる専用のスペースが必要になってきます。 家の中で仕事をする場所とくつろぐ場所をしっかり分けることで、仕事効率もアップします。寝室に隣接したテレワークスペースもより自分だけの空間で仕事に集中できます。

リラックスできるプライベートスペース

在宅時間が増えることで「じっくり趣味に没頭できる空間がほしい」というお客様の声が増えました。家族のいる空間と少し距離を置いた場所に趣味的なプライベートなスペースや書斎等を設けると、趣味などにより没頭できます。

アウトドア気分でリフレッシュできる中庭・テラス・吹き抜け

テレワークなどで在宅時間が増えると、知らず知らずにストレスが溜まりがちになります。そこで、外出しなくても気軽に気分転換できる中庭やテラス、バルコニー、吹き抜けなどを設けてみてはいかがでしょうか。テーブルやイスを置けば、豊かな緑をみながら家でちょっとしたアウトドア気分でリフレッシュすることができます。採光あふれる開放感抜群の吹き抜けを取り入れたリビングスペースもおすすめです。

コロナ禍で変わる快適なライフスタイル

コロナは、私たちに住まいの大切な要素を再認識させてくれました。

・快適な家のくらしを基準とした生活スタイルの変化
・家での過ごし方、暮らし方を工夫すること(BBQやおうちキャンプなど)
・家にいる時間が増え外に出るときのメリハリができ、生活がより豊かになる
・常時ストックできる事により災害など非常時に備える
・掃除がしやすく、家を清潔に保つ工夫あふれる生活動線

たとえば、趣味に没頭できる「平屋」スタイルは、長いおうち時間を

過ごせる住まいのカタチです。

次回は今人気沸騰の「平屋スタイル」についてお話ししたいと思います。

現代のライフスタイルに合った、快適で安全な暮らしを実現できる住まいづくりを小宮山建築事務所はご提案していきます。

⌂ コミケン住まいのプランナー斎藤がお手伝いします。

理想の家づくりのプランから資金計画までアドバイスをさせていただくために、小宮山建築事務所は、専門のプランナーが夢のお手伝いさせていただきます。家づくりの関する不安を解消できますよう、いつでも無料相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

⌂ あなた仕様の設計プランを職人の技術で
株式会社 小宮山建築事務所

新潟県長岡市西川

tel.0258-89-2107
fax.0258-89-4780

ホームページアドレスが新しくなりました。
お気に入り登録をお願いいたします。

新ホームページのURLは
http://www.komiyamakenchiku-office.jp

施工地区として長岡市、魚沼市、小千谷市、見附市などになりますが、他の地域も対応しています。



ハウスメーカーにはできない家づくりの専門集団

2022.02.21

小宮山建築事務所は、6人の大工職人と設計士の専門チーム。だから小宮山建築事務所でしかできない家づくりがあります。

宮山建築事務所の家づくり6つの強み

1.お客様とのコミュニケーションを大切に

お客様と打ち合わせを必須にしているので、できるだけプラン作りはお客様と徹底して設計士(住まいのプランナー)と時間をかけて実施しています。

2.住みやすさを追求した最新技術とオリジナリティ

機能は一年中快適に過ごせるのファースの工法を採用し、一棟一棟オリジナル性の高いクオリティを維持しています。

3.経験豊かな高い施工技術

経験豊かな大工一人ひとりの高い技術で綿密な工程を可能にし、細部まで高品質に仕上げています。

4.抜群のチームワークと情報の共有

各熟練大工との連携が取れている上、お客様のご要望や目標の共有ができており、お客様が求めている理想のカタチを実現出来ます。

5.アフターも安心、即対応

アフターメンテナンスは施工した大工職人が担当、細部まで仕様を把握しているため、レスポンスが早く、変更や追加処置も確実です。

6.大工職人全員がお客様のために全力で取り組む

「全てはお客様の快適なくらしのために!」という小宮山建築事務所のコンセプトを共有して一棟一棟心を込めて取り組んでいます。

⌂ コミケン住まいのプランナー斎藤がお手伝いします。

家づくりのプランから資金計画までアドバイスをさせていただくために、小宮山建築事務所は、専門のプランナーが夢のお手伝いさせていただきます。家づくりの関する不安を解消できますよう、いつでも無料相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

⌂コロナ禍で住まいが変わる?(次回ブログ予告)

コロナで私たちのくらしは変わりました。ウイズコロナでより快適に安全に暮らすための家づくりのヒントを次回はブログを予定しています。

・コロナ禍で変わる生活様式とは

・コロナ対策で必要な家の機能とは

・コロナ対策で重要な空調換気システムについて

などこれからの住まいづくりについてご提案したいと思います。

⌂ あなた仕様の設計プランを職人の技術で
株式会社小宮山建築事務所

新潟県長岡市西川口1867

tel.0258-89-2107
fax.0258-89-4780

ホームページアドレスが新しくなりました。
お気に入り登録をお願いいたします。

新ホームページのURLは
http://www.komiyamakenchiku-office.jp

施工地区として長岡市、魚沼市、小千谷市、見附市などになりますが、他の地域も対応しています。



熟練の大工の手仕事だからできること

2021.08.19

 

職人の手仕事が、木のそれぞれの個性を見極める。

家づくりに使用する無垢材は、それぞれ個性があり家を建てた後に、変化を起こす場合があります。大工職人は、木がどう変化するどうかを見極め、どう加工を施せば変化を防げるかを判断して加工するのも、伝統工法「手きざみ加工」の技です。永い間、強く美しく保ってくれる家は大工の技で支えられています。

大工による伝統の技「手きざみ加工」の強度と建築美。

熟練大工伝統の技「手きざみ加工」とは、選ばれた無垢材を組み上げて家の骨組みをつくることで、木を組む技法「継手」や接合する技法「仕口」を含めた工程の総称で、木材に手で印をつける伝統技術。大工による木の家づくりの構造的な強度と美しさはこの伝統の技と工法で受け継がれています。

耐震性や使い勝手を考えながらお客様だけの建具や家具を製作します。

それぞれの暮らしやすさを実現する建具や家具など、お客様の志向性に合わせて、職人が製作します。インテリアとのマッチングを考慮しながら、耐震性や使い勝手を追求して仕上げます。

伝統の大工の技を継承し地域に合った家づくりを目指します。

日本の家づくりにもっとも適した工法として、受け継がれてきた匠の技。この伝統工法を次代につないでいくことも、小宮山建築事務所の大切な使命です。私たちは、それぞれの地域に合った日本建築による快適な家づくりをとことん追求していきます。

あなた仕様の設計プランを職人の技術で
株式会社小宮山建築事務所

新潟県長岡市西川口1867

tel.0258-89-2107
fax.0258-89-4780

・ホームページアドレスが新しくなりました。
お気に入り登録をお願いいたします。

新ホームページのURLは
http://www.komiyamakenchiku-office.jp

施工地区として長岡市、魚沼市、小千谷市、見附市などになりますが、他の地域も対応しています。